ねむじんクリプト放浪記

元ネム神社ことねむじんが不運不遇続きの人生を暗号通貨によって変えたいとクリプト界隈を放浪していくブログです。

TipNEM(チップネム)が世の中を変える可能性「NEMクリーンプロジェクト」

TipNEMとはTwitterのアカウントさえわかれば、その人にチップとしてNEMを送れるサービスです。

Twitter初心者でしたので、そういうことができるのか!ととても驚きました。

 

一般的にチップとは日本では「心づけ」のことですが、外国では給与の一部として扱われることも多いようです。Twitter上でのTipNEMの位置づけとしては前述の「心づけ」であると感じます。なにかをしてもらったり、なにか心を動かされたりとした時に感謝や驚き、支援などの形で使われているのではないでしょうか?

 

TipでNEMが行きかうことでNEMを使用する人が増え、結果的にNEMが普及すると思いますが、今回私は違う視点でTipNEMをとらえてみることにしました。

 

 

それはTipNEMを使うことで、より住みやすい世の中、気持ちの良い世の中にできないかということです。仮想通貨の特性を活かし、国外でも広がれば、地球規模の活動となります。

f:id:nemjinjya:20180209205356j:plain

 NEMを持っている人たちの行動が結果「Tipのため」であろうとも、人の役に立つ取り組み、面白い取り組みなどにつながれば、それは結果として「より住みやすい世の中、気持ちの良い世の中」につながり、最終的にはNEMの普及にも役立つと考えます。

 「情けは人のためならず」人を助けたり、人の役に立つことはその人や地域のためではなく、結果として自らの満足感や喜びとして自分に返ってくるからです。時にはちょっとしたお礼をいただく事もあるでしょう。

 

今回のTipプロジェクトは、そのちょっとしたお礼をしてあげられる人を少しでも増やすことで住みやく気持ちの良い世の中が加速してほしいとの想いから企画しました。

 

NEMクリーンプロジェクト」と 

 

Tipの流れとしては、

 

1.活動に共感・支援していただける人からのストックTip

2.Twitter上で活動いただいた方へお礼のTip

3.ストックに余裕がでれば、新たな取り組みのストックへ回したり、活動が顕著な方にボーナスTip。

を考えています。

 

では実際にどのようなものを考えているかといいますと大きくは「NEMクリーンプロジェクト」と名付けました。クリーンプロジェクトは次の5つのカテゴリーで行われます。

 

1.NEMクリーンロードプロジェクト

路上に落ちているタバコの吸い殻や、ゴミなどを拾い、コンビニの袋などに集めた人に、心ばかりですがNEMにて清掃活動の慰労ができればと思います。

 f:id:nemjinjya:20180209214434j:plain

活動前の路上の状況、清掃後や道路をバックに集めたゴミの写真、そしてゴミ箱に入れるところや、ゴミ袋にまとめた写真をUPしていただくとTipが発生するという仕組みです。可能であれば道路位置情報もわかるとその後のゴミ捨て抑止効果にもつながると思います。活動は単独でも良いですが、NEMのイベントとしてグループ活動も良いと思います。

 

しかしNEMのためにゴミを集めるのではなく、きれいな道路にしてくれた人への心づけていどのTipが良いと思います。自らゴミをばらまき、自らの吸い殻やゴミの写真をUPしてまでもほしくならないくらいのNEMです。万が一ゴミをばらまくような人がいて、それを目撃されたら…のリスクが割に合わないと思います。

 

私もよくゴミ拾いをしますが、別にお金が欲しいとか、だれかに褒めてもらいたいとかではなく、見返りとしては単純にきれいになると気持ちの良い道になり、自分も周囲の人も気持ちよくなるからです。自分の運動にもなりますし…。特に子どもたちにはゴミだらけではない道が当たり前だと思って育ってほしいと願います。実際それで子どもたちがどう感じて育つのかわかりませんが、私はきれいな道路をあるいてほしい、ゴミだらけの道路に気づける感性を持ってほしいという自己満足で自分が気持ちよくなれます。

 

見返りは意識せずの活動ですが、ゴミ拾い中に近所の人に声を掛けられるととてもうれしい気持ちになります。人が見てても見てなくても行う活動に意味がありますが、時には「誰かがみてくれている」ということがさらなるモチベーションにつながることがあります。

 

ゴミはどれだけ拾っても捨てる人がいつづける限りいたちごっこです。毎日のようにゴミは投げ捨てられます。この活動により、知っている道路にゴミが落ちていたり、もしくはゴミを捨てた人がその写真を見た時に「ゴミの投げ捨てについて少し考える」きっかけになり、今よりもきれいな道につながり、子どもたちも道路にゴミが落ちているのが当たり前ではなく、違和感を感じれるようになるのではないでしょうか?

 

特に海外では路上のゴミがひどいところもあります。日本の物価と現地の物価で比較して考えれば、たとえ1XEMでも大きなTipとなり送る事ができれば、

 

以上のような考え方で以下のプロジェクトも考えています。

 

2.NEMクリーンフィールドプロジェクト

山野や河岸の草や、藪を払うことで景観の良い自然を取り戻すプロジェクト。以前はお年寄りの人たちがしっかりと手入れされ、子どもたちが安心して遊べる山野でした。

荒れ放題の竹藪も目立ちます。これらは土地の所有者に許可をもらう必要がありますが、きっと喜ばれると思います。

 

3.NEMクリーンリバープロジェクト

川のゴミ拾い、除草活動。上のプロジェクトと同じで、子どもたちが安心して遊べる川を取り戻しましょう。 これも場所によっては許可が必要と思いますし、ケガや事故に注意ですね。

 

4.NEMクリーンシープロジェクト

ビーチや海岸、港などの清掃活動です。これも許可が必要な場所もあるかもしれません。

 

5.NEMエクスターミネーションプロジェクト

空き地に繁殖すし、アレルギーの原因にもなるブタクサなどの外来種を駆除する活動です。これも私有地などの場合は許可が必要になると思いますが、困っている人は多いと思います。

 f:id:nemjinjya:20180209214626j:plain

 

これらのプロジェクトはいろいろと参加者側、清掃場所などでの問題点もあるかとは思いますが、取り組みにおけるルールや、評価の仕方などを詰めていけば少なくとも現状よりはきれいな道路や川が増えるのではないでしょうか?

 

特に外来植物の駆除は、その道に詳しい協力者も必要でしょう。

 

まずはNEMクリーンロードプロジェクトを実験的にスタートできるように準備を進めてみたいと思います。

 

 以上がTipNEMを使ってなにかできないかと考えたアイデアでした。

 

f:id:nemjinjya:20180209220808p:plain

なんとなくNEMは地球をイメージしてしまいます。

 

お気づきの問題点などアドバイスいただけますとうれしいです。