ねむじんクリプト放浪記

元ネム神社ことねむじんが不運不遇続きの人生を暗号通貨によって変えたいとクリプト界隈を放浪していくブログです。

Tutellus社、ETHからNEMのブロックチェーンへ移行?

非常に興味深い記事を見つけ、ソース先を翻訳してみました。

google翻訳そのままにしてますので各自で内容を理解してください。

 

TutellusはNEM's BlockchainのためのEthereumを落とす
ブロックチェーン指向の企業は、常に他の企業よりも優位を獲得する方法を模索しています。場合によっては、1つのブロックチェーンから別のブロックチェーンに切り替えることを意味します。その部分については、TutellusはEthereumのブロックチェーンからNEMのチェーンに切り替えています。これは顕著な決定ですが、これが他の企業の先例を生み出すかどうかはまだ分かりません。

 

エテリアムからNEMまで
過去数年間、私たちは、Ethereumブロックチェーンの上に数多くのプロジェクトを試して構築してきました。このブロックチェーンが提供しなければならない技術的利点を考えると、このような決定は非常に意味があるようです。スマートな契約、アセット作成、およびその他のツールを使用することで、Ethereumのチェーンは、このエコシステムの上に構築された他のプロジェクトに多くの機能をもたらすことができます。しかし、Ethereumのブロックチェーンは、Tutellusチームの最近の行動が示すように、あらゆる目的には必ずしも適しているわけではありません。

彼らの意思決定 NEMイーサリアムのblockchainから移行するには、多くの理由のために、非常に興味をそそられます。チームはEthereumが非常に強力なブロックチェーンエコシステムであると認識していますが、エリアムはそれに関連する費用も懸念しています。より具体的には、取引手数料は今、特にユーザーおよび時間単位ごとに多くのイベントを実行する必要のあるプロジェクトにとっては、懸念される分野です。現在の状態のEthereumの上にある任意のプロジェクトビルディングの集中化の側面についても懸念がありますが、これも対処する必要があります。

さらに、TutellusのチームはEthereumのブロックチェーンが現時点でどのように実行しているかに満足していないようです。彼らのブログの投稿は、この生態系を真に「遅い」と呼んでいる。これは、ネットワークによってブロードキャストされる1秒あたりのトランザクションの数に関して特に当てはまります。地平線が直ちに改善されなければ、ネットワークは最終的には再び詰まります。Ethereumの上に構築されているすべてのプロジェクトが今すぐに生きていけば、関係するすべての関係者にとって状況はすぐにはうまくいかなくなります。

一方、NEMブロックチェーンは、これらの問題に実行可能なソリューションを提供するようです。Tutellusのチームによると、NEMには大きな開発者コミュニティがありますが、今のEthereumについては同じことが言えます。NEMは現在Ethereumとは全く異なる方向に向かっていることは間違いありませんが、それは良いことだと認識することができます。

具体的には、このブロックチェーンは、1日目からさらに多くのトランザクションを処理するように設計されています。Ethereumのチェーンとは異なり、NEMは人為的に上限が設定された毎秒約2トランザクションを生成することができます。それはVisaやMasterCardのようなものに比べるとまだ印象的ですが、それはEthereumからの一歩です。さらに、NEMの今後のCatapultアップグレードは、完全な条件下でこの数を私設チェーンの4000 TPSに押し上げると思われます。

NEMの主なセールスポイントの1つは、個々のプロジェクトがどのようにしてNEM親チェーンに結びついた独自の内部ブロックチェーンを持つことができるかということです。そのため、プロジェクトはユーザーのトランザクションを独自のブロックチェーンで統合し、NEMに接続して特定の情報を統合することができます。これは、この連結のすべてを直接処理することを余儀なくされるEthereumのチェーンとは非常に異なります。Ethereumの開発者は将来これらの問題に対処する方法を思いついていますが、今のところNutはTutellusに適しているようです。

 

NEMの手数料の安さ、スピード、開発環境、カタパルトによるさらなる進化、ブロックチェーンの仕組みの違いによる優位性。

 

いずれにしてもTutellus社に続いてNEMブロックチェーンテクノロジーを利用するシチュエーションが増えていく事に期待したいですね。

現在NEMはたいへん購入しやすい価格となっています。ぜひNEMの未来に投資してみませんか?

取引所で安く買えるZaifがおすすめです。

f:id:nemjinjya:20180212140419j:plain